●たった一通のメールで心を掴む

●たった一通のメールで心を掴む

●たった一通のメールで心を掴む

すでに、あなたのお願いを相手の女性が聞き入れる関係作りができました。
仕掛けるタイミングは、いつものように気軽にメールをしているときです。
そして「恋愛」を話題にします。
不自然にならないように、例えば「友人の彼女が……」など、人に聞いた話
などをきっかけに、恋愛話に入っていきます。
そして、恋愛トークの中で、以前「保留」にした罰ゲームを持ち出します。
「そういえばさ、あのときの罰ゲーム、今やってよ」
といって「お願い」すれば、受け入れられる状態になっています。
そこで、決め手のメールです。
「俺、あんまり告白とかされたことないからさ
『●●君、好き』って、俺に告白してみてよ!」
これだけのメールが、相手の女性の心を揺さぶることになります。
罰ゲームであり、お願いを聞くという前提があるので、女性はこれを受け入れます。

しかし、場合によっては「えーやだー」などと女性がいってくる場合もあります。
そのときは、あなたから「駄目押し」のメールをします。
罰ゲームなんだから、ちゃんとやれよ(`ヘ´#) ムッキー
ここでのポイントは「顔文字」です。
怒りの顔文字で、かわいいものを付けます。
※参考
(#`皿´)
o(`・∧・´)o プンプン!
(○`ε´○)プンプン!!
(▼へ▼メ)オラオラ
命令口調で、怒っているにもかかわらず、かわいい顔文字があるので
印象がやわらかくなり、冗談半分の感覚で「命令」できます。
この結果、女性はあなたに告白するという行動を選ぶことを強制されます。
この行動と、感情が影響し合うことで、女性をあなたに惚れさせる結果になります。
行動と感情の連動は、人としては当たり前のことです。

あなたに「好き」とメールすることで、女性には疑似的なあなたへの
「好き」という感情が芽生えます。
告白という行動に「感情」が連動し、あなたに「惚れる」という変化が
強制的に心の中に起こります。
さらに「駄目押し」があった場合は、M という特性を持つ女性に対して
強い態度で接したことで、さらに強い衝撃が女性の心に残ります。
これが、メールで仕掛けた心理的な誘導の効果です。
女性は、これであなたを意識した状態、そして、あなたのことを忘れられない
状態になっています。
M 寄りで、男性に依存したいタイプの女性なら、なおさらです。
こうして、心理的なテクニックにより、さらに依存させたり感情を揺さぶったり
することで、従順な操り人形レベルまで惚れさせることも可能となります。
恋愛における心理テクニック、いかがでしたか?
このようなテクニックをもっと詳しく知りたい、マスターしたいと思ったら
私のメルマガ「女を喜ばせながら自分もハッピーになる やさしく楽しい恋愛講座」
を、ぜひ、利用してみてください。